オールジャパン!全国の戦国武将が集結した、
幻の巨大都市・肥前名護屋城。名護屋城を陣城と思っていませんか?
実は日本の中心になった天下人の居城です。

トップページ あそぶ まなぶ アクセス
 
 
 
増田長盛陣跡
[道際駐車場から見える曲輪・石塁跡]
豊臣政権五奉行の一人。朝鮮渡海。
文禄4年(1595)、大和郡山城20万石。
北条氏盛陣跡
[遊歩道近くの曲輪・石塁跡と旗竿石]
後北条氏3代目氏康の四男氏規の子。
名護屋在陣。
生駒親正陣跡
[曲輪・石塁跡]
秀吉の国内統一戦に歴戦。讃岐一国17万石。朝鮮渡海。
 
島津義弘陣跡
[遊歩道際の曲輪・石垣跡]
薩摩島津氏の18代目。薩摩・大隈・日向56万石。朝鮮渡海。慶長の訳では泗川の戦い等で勇名をはせる。
九鬼嘉隆陣跡
[整備状況]
豊臣水軍の主力として活躍。朝鮮渡海。伊勢・志摩の内3万5千石。
豊臣秀保陣跡
[整備状況]
秀吉の姉ともの子。秀吉の弟秀長の養子となり、秀長死後その跡目を継ぎ「大和中納言」。名護屋在陣。
 
堀秀治陣跡
[整備状況(陣跡では唯一の全体的装備)]
越前北ノ庄18万石。慶長3年(1598)には、越後春日山45万石。名護屋在陣。
富田信則陣跡(天神社)
[道際鳥居脇にある旗竿石]
秀吉の国内統一戦に歴戦。朝鮮渡海。文禄4年(1595)に伊勢安濃津5万石。
徳川家康陣跡
[曲輪・隅櫓跡石垣現況(道際なごや保育園横)]
豊臣政権五大老の1人。江戸を本拠とし250万石を領した大名。1万5千の兵力を率いて名護屋在陣。家康はこの本陣の他に海を隔てた東側対岸に別陣も構えている。
 
木下延俊陣跡
[整備状況・トイレ跡]
秀吉の正室おねの兄家定の子。名護屋在陣。※名護屋城博物館内から見学路へと通じています。
前田利家陣跡
[館部大手・旗竿石]
豊臣政権五大老の1人。8千人の兵を率いて名護屋在陣。文禄2年(1593)に名護屋に来た明国使節団を接待する。
加藤嘉明陣跡
[整備状況(呼子大橋前)]
賤ヶ岳の七本槍の1人。朝鮮渡海。水軍の将として多くの海戦に参戦した。
 
「名護屋城博物館提供資料」を改変・加筆 唐津市観光協会作成 平成24年3月14日